DESIGN NO MORISHITA NO BLOG LOGO

アフォーダンス

_DSC5177_1

 

_DSC5177_2

 

子どものアフォーダンスのストライクゾーンは広い。

「こらっそんなところに」と言う時、使い方のヒントを見ているのかもしれない。

 

α7S II / Planar 50

 

なぜか

0518876

 

E36 318ti。この小ささでFR(フロントエンジン・リアドライブ)。

FRは後ろのタイヤを回すために車体にプロペラシャフトを通す必要があり、必然的に車内が狭くなる。ただでさえ狭いコンパクトカーではなおさら。近年、CセグメントでFRはこの318tiの流れをくむBMW1シリーズのみでした。

メリットももちろんあるんです。ただ、会社として商売としてそれを採用するかどうか。

ずっとFRにこだわってきたBMWも最新の1シリーズでは採用をやめてしまいました。

 

こういう「なぜか」や「あえて」を持つものに強く惹かれます。

魅力って、効率から離れたところにあったりします。

 

 

makina 67

PORTRA160

 

カブトムシのその後

b1s

カブトムシたちが去った後

 

b2s

コバエの大軍との戦いに勝利を収めた我々は

 

b3s

たくさんのカブトムシの幼虫と出会った

 

b4s

インスタで虫だらけの画像はエグかったので文字で虫を表現してみました。なにやら得体の知れないものになりましたが、カブトムシの幼虫ってCに似てるなというのがあったので。

 

カブトムシはオス3匹メス3匹の計6匹飼っていまして、いつのまにか幼虫がたくさん生まれていました。30匹以上。

子どもに虫の誕生から成虫になるまでを見せられる良い機会なので、羽化まで見やすいように単体ケースに入れて飼育中です。

 

_IGP6150

 

_IGP6156

 

_DSC8068

30匹以上このボトルを用意するのはさすがに無理なので、大きめの個体を選んで入れています。のこりは大きいケースに雑魚寝。カブトムシの幼虫は一つのケースで多頭飼育できやすいみたいです。クワガタの幼虫は幼虫同士傷つけ合うのでなるべく分けたほうがいいとか。このケースも基本はクワガタ用として売ってあります。

 

子どもの頃いろいろな生き物を飼育していましたけど、ちゃんとやろうと調べてみるとなんでも奥深いです。学び直している感じで親の方が夢中になっている気もします。

 

 

デザインのひきだし40

_IGP6104

 

昔はポスターの紙選びでワクワクしたものです。
今は有無を言わさずマットコートに決まっていたりしますし、特殊印刷をやる機会も減りました。

 
それでも名刺は。
大切な第一印象のためのツールであり、実際手に触れるもの。良い紙を選び、こだわりの特殊印刷が活躍する印刷物最後の砦です。
 

このデザインのひきだし40は、名刺・カードの特殊印刷の特集号。目玉は付録で、印刷加工の実物サンプルが92点もついてきます。これで2000円は破格。以前、特殊印刷をまとめた本がありましたが、14000円ぐらいしてました。
 

名刺の印刷見本、欲しかったんだよね〜と注文しようとすると、SNSで話題になったようで、すでにどこも売り切れ。この付録内容からするに増刷は無さそうだぞ…ってことで、執念で手に入れました。

今はフリマとかオークションで倍以上の価格になってます。欲しい人たちや必要な人たちが買って品切れならいいんだけど、話題になるとすぐ転売ヤーがわいてくるのどうにかならんもんか。こんなマニアックな領域にまでね。
 

特色、活版印刷、箔押しはもちろん、エンボス、合紙、小口染め、和紙、バーコ、フロッキー、折り加工、プリズムプリント、ホログラム、レーザーカット、香りつき、などなど、できることはほぼ網羅されている感じ。肝心の「実際、印刷したらいくらかかるのか」の目安も掲載されています。
 

まずは自分の名刺で試してみようと思います。

 

 

もの派

makina2019192

 

 

naoshima004

 

1枚目…海の中道海浜公園にある木

2枚目…直島にある李禹煥のアート

 

 

アートに自然のものを未加工のまま使うということは、こういう類似性があらゆる場所で起こりうるってことだなと。

作品そのものではなく、空間や関係性の認識の「仕方」を見た人に残すわけですよね。

李禹煥には、いろんなことに気づかされます。

 

 

makina 67

PORTRA400

PORTRA160